免責証書と人身事故証明書入手不能理由書

免責証書は示談書と同様の効力を持つ書類です。人身事故証明書入手不能理由書は、警察に人身事故として届出をすることができなかった際に使われる書類です。どちらも保険会社の担当者が必要な場合に用意してくれます。

免責証書

免責証書は、被害者側だけが署名および捺印をすることで、示談書と同じ扱いとなる書類です。加害者側に100%の過失割合がある場合の交通事故で使用されます。

免責証書の内容

免責証書には、事故の発生日時や発生場所、加害者側の自動車の所有者や運転者や車両登録番号、被害者側の被害物や示談の内容、被害者の住所と氏名、損害賠償金の金額や受取口座などが記載されます。

人身事故証明書入手不能理由書

人身事故証明書入手不能理由書は、交通事故が起きた際に、相応の理由があって警察に人身事故として届出ができなかったケースで使用される書類です。

人身事故証明書入手不能理由書の内容

人身事故証明書入手不能理由書では、まず最初に届出ができなかった理由を尋ねられます。受傷が軽微のため、検査通院だけで済んでいたり、治療が短期間で完了している場合や、駐車場などで発生した事故の中から選んで丸印を付けるか、具体的な事情について記載することになります。

その他、すでに物損事故として警察に届出をしている場合には、届出をした警察と届出の年月日を記します。最後に当事者や目撃者などの、人身事故の関係者の署名と捺印をすれば完了です。裏面に関しては、保険会社の担当者に記載してもらいます。